三河温室園芸組合

トマト部

————————————————————————————-
 部会概要
————————————————————————————-

平成28年度
部長          市川 友之
副部長           伊藤 広幸
部員数          8名
出荷パック数 28万パック
(平成27年度実績)

 

 

 

 

————————————————————————————-
 部会について
————————————————————————————-

みかわっこ
マイクロトマト

直径1㎝ほどの、
とっても小さくかわいいトマトです。

平成15年頃、トマト原種に近い品種ということで、ある所から紹介いただき栽培を始めました。いかに小さく味の良いトマトにするための培方法を試行錯誤し、現在の栽培方法にたどり着きました。
平成16年、ミニトマトより小さなトマトということで『マイクロトマト』という商品名で販売を開始しました。珍しさもあり人気が広がり、マイクロトマトの名も知られる様になりました。
当時3名だった生産者も現在8名になり、年間28万パック以上を全国の主要市場へ周年出荷しています。

平成20年7月より『みかわっこ』で商標登録を取得。平成27年度より、蒲郡市の地域産業資源にマイクロトマトが指定されています。

■ 部会の取り組み

ハウスの開口部に防虫ネットを張り、部会で独自に厳しい農薬市場基準を設定し、減農薬栽培に取り組んでいます。
マルハナバチによる自然勾配の安心・安全なトマトをお届けします。

■ 商品写真

マイクロトマト          マイクロトマト イエロータイプ
     
レギュラーパック 内容量100グラム

顔の見える野菜での販売風景
(高島屋)

■ 調理例


(蒲郡 和食美波さんでの調理例)

 
(蒲郡クラシックホテルさんでの調理例)