マイクロトマトをフレンチで!

 こんにちは、三河温室です。当組合が数年前から出荷している新種マイクロトマト。 見た目も愛らしいと評判で、つま物だけではなく色々な可能性を秘めた食材です。

 今回、愛知県御津町にあるフランス料理店「ラポ」オーナー兼シェフの筒井さんにお忙しいところをお願いし、今回は特別に料理を作って頂きました。さて、マイクロトマトがらどのような料理が生まれるのでしょうか?

 

 これが、マイクロトマトです。時期によって大きさも若干違いますが、一粒あたり直径約1cmくらいです。早速「ラポ」さんにお願いしてみましょう。

 

 三河温室がある蒲郡市から国道23号線を東へ車で15分程度の場所に「ラポ」があります。とんがり屋根が目印の洒落たお店です。さぁお店の中に入ってみましょう。